乳白色ネイルはやさしいミルクのような色。オフィスやお呼ばれにも好印象な、様々なシーンで使える今話題のネイルです。ナチュラルからエレガントまで、幅広いイメージが作れる万能カラー!ジェルでもポリッシュでもできる、自分で作れる乳白色の作り方からおすすめデザインまでを一挙にご紹介します。

乳白色ネイルってどんなもの?

乳白色とは、デジタル大辞泉によると、「乳のような不透明な白色。ちちいろ。」ということです。ほんのり透き通ったミルクのような色は、肌なじみがよく誰にでも似合いやすい色です。

乳白色ネイルとはこの色を使ったネイルのことをいいますが、その形は様々。シンプルなだけにアレンジのしがいもあるネイルです。

上品な乳白色のネイルカラーは様々なシーンで使える

乳白色ネイルが人気のある理由は、どんなシーンでも使い勝手がよく、フォーマルな場面でも品よく仕上がることにあります。派手すぎないのでオフィスなどでも浮くことがなく、仕事を気にせず自分のネイルを楽しむことができます。上品でエレガントな印象なので、結婚式やお呼ばれなどきちんとした席にもおすすめのネイルです。

乳白色ネイルは肌なじみがよく、どんなデザインとも好相性

乳白色のもうひとつの利点は、オールマイティなデザインにも対応できること。ベースが肌になじむやさしい色なので、ポイントとなる色を加えても主張が強すぎることがありません。

天然石など立体感のあるパーツを乗せたときも、自爪の色がほんのり透けたような色なので、パーツが浮くことなく一体感のあるデザインに仕上がります。爪が短い人でも、指が短く見えることなくトライしやすいネイルですね。

乳白色ネイルはセルフでどうやってやるの?

アレンジ自在で使い勝手のよい乳白色ネイル。その魅力がわかってきましたか?では実際に、乳白色ネイルとはどのようにやるのでしょう。その条件はたったひとつだけ。誰でも気軽にチャレンジでき、ネイル初心者さんでも失敗しにくくおすすめです。

乳白色をベースに使えばOK

乳白色ネイルの条件はたったひとつだけ、「乳白色をベースに選ぶ」こと。これを守れていれば、様々なアレンジや応用が可能です。しかし問題なのは、この「乳白色」の色を探すことですよね。市販されているものは「乳白色」という名前では販売されているものはほとんどないので、テスターなどをよく見てイメージに近い色を選んでみましょう。

自分でつくる!乳白色の作り方【ジェル・ポリッシュ】

ちょうどいい乳白色がみつからない!探すのが面倒くさい!そんな人におすすめなのが、乳白色を自分で作っちゃう方法です。白とクリアがあれば簡単にできます。

今お手持ちのネイルを混ぜ合わせるだけで、自分にぴったりなお好みの色にすることも可能です!新しいネイルを買わずに乳白色ネイルをしてみたい場合も、まずはこのやり方を試してみて下さい。

【ジェルネイル】クリアジェルに白のカラージェルを混ぜる

まずはジェルネイルでのやり方です。アルミカップなどに、クリアジェルと白のカラージェルを取り出してしっかり混ぜ合わせましょう。たったこれだけでOKです!

ベースジェルと混ぜ合わせても同じようにできる方法です。クリアジェルの分量と、ホワイトの量で透け感が変化しますので、好みの色に調整してみてください。

【ポリッシュ】クリアのポリッシュに白ポリッシュを混ぜる

続いて、ポリッシュで乳白色を作る方法です。こちらも基本は同じ。クリアポリッシュに、白のポリッシュを混ぜるだけです。お好みで少しイエローやピンクなどを足してもいいですね。

ラメが入ったものやメタリック調のクリアーなどでも、光沢が出て素敵に仕上がります。作ったら入れ物に入れて保管することもでき、また使いたい場合も同じ色を塗ることができます。

【ジェル・ポリッシュ】乳白色のベースを塗る

そして、混ぜることすら面倒!というズボラさんでも大丈夫なのがこのやり方。色付きのベースコートやベースジェルを塗るだけという方法です。基本的にベースコートやベースジェルはクリアで色がついていないものが多いですが、中には乳白色の色がついているものも販売されています。

なんと100均で手に入るものもあるようです!これなら手軽に乳白色ネイルを楽しめますね。重ねる回数によって白の濃さが変わりますので、ベースの色を2度・3度と塗り重ねてみて、違いをみてみるといいかもしれません。

乳白色ネイルにおすすめポリッシュ

セルフで色を作るのが難しい人に、市販のポリッシュで乳白色ネイルにぴったりの商品をご紹介します。どちらも使用しやすく、はじめての乳白色ネイルにはおすすめです。他のネイルデザインにも活用しやすいカラーになっているので、まずはひとつ購入してみると、セルフネイルの幅が広がります。

DUCATO コンデンスミルク色

DUCATOの「コンデンスミルク」色は、まざに乳白色にぴったりの色合いです。シアー感が強く、一度塗りだと自爪の色が透けてつやつやになる感じです。

2度塗り、3度塗りするごとにしっかりと色が乗ってくるので、イメージに近い透け感に調整しやすく、塗りムラになりにくいです。お値段がプチプラなので、はじめての乳白色ネイルに購入してみやすいですね。

SMELLY レンニュウ色

SMELLYは「ありそうでない色」をテーマに商品展開している、アーバンリサーチのオリジナルマニキュアです。どれもかわいい色合いで、あか抜けた感じになると話題になっています。

この中でも、乳白色ネイルに使えるのが「レンニュウ」色。一度塗りでもしっかりと色がつくので、爪の黄みもきれいにカバーしてくれます。何回か塗り重ねるときれいな白にもなるので、使い分けてみて下さい。パッケージもポップでかわいいですね。

乳白色ネイルのおすすめデザイン

乳白色ネイルのアレンジは多種多様。ベースの色がシンプルなだけに、様々な応用の仕方が楽しめるネイルです。清楚なものから華やかなもの、普段は慣れないちょっと大胆な色にも対応できる、頼もしい存在。ではさっそく、乳白色ネイルのデザインアイデアをみていきましょう!

春におすすめ!グラデーションを乳白色で生かしたネイル

テクニックが難しいといわれるグラデーションも、乳白色がベースならチャレンジしやすくなります。まずは淡い色でグラデーションを試してみましょう。写真のように上下でのグラデーションにしてみたり、数種類の色を混ぜたりしても肌浮きすることがなく、移り変わる色を生かすことができます。

シンプルデザインにポイントカラーをプラス

エレガントさが魅力の、シンプルなデザインです。ブルーのアクセントカラーを加えることで、ポイントとなってさりげないお洒落さが醸し出されています。とても上品なデザインなので、ブレスレットやリングなどのアクセサリーや、バッグとのコーディネートも品よく感じられますね。よそいきの時にもおすすめな、好印象を持たれること間違いなしのデザイン。

乳白色にゴールドやストーンを煌めかせて

ベースの色が強すぎるとケバケバしくなってしまうこともある、きらきらビジューをふんだんに使ったデコレーション。自爪の色に近い乳白色をチョイスすることで、豪華につけても嫌味がありません。長い爪でも自然な仕上がりなので、ふだんの生活でも目立ちすぎず楽しむことができますね。

ドライフラワーの色を鮮やかに演出

色鮮やかなドライフラワーの良さを引き出す、ミルク色のベースとして乳白色ネイルを。清潔感のある、ナチュラルな風合いにぴったりの組みあわせです。まるで石鹸のような、お花が入ったよい香りのキャンドルのような、乙女心をくすぐるデザインになっています。

チークネイルの土台に

頬をぽっと染めたような表情に、色気を感じるチークネイル。その美しい血色を生かすのは、ナチュラルな肌色の土台があってこそ。乳白色ネイルは、チークネイルのベースとして無くてはならないほどベストマッチ!

まずはベースに乳白色をチョイスしてみよう!

誰でもトライしやすく、デザインの幅も広い乳白色ネイルは、一年を通して楽しめるのが魅力です。様々なシーンでも使いやすいので、迷ったら乳白色を選んでみるといいかもしれません。

自分で色を作れることがわかったら、より身近に取り入れることができますね。さっそく次回のネイルチェンジのときに、乳白色ネイルを試してみてはいかがでしょう?