お正月は、気分も一新し新たな一年を迎える特別な時間ですよね。そんな時はとびきりスペシャルなネイルで新年を迎えましょう。日本のお正月をイメージし和装にピッタリのネイルから、豪華ネイル、そして厳かに新年を迎えたい人へのおすすめなカラーまで、じっくり見ていきましょう。

お正月を祝うネイルとは

お正月とは本来、その年の豊穣を司る歳神様をお迎えする行事なのです。1月1日から1月3日までを三が日、1月7日までを松の内とよぶようで、この期間がお正月なのです。

お正月は、その年が素敵な実りある年になるように、感謝を込めておもてなしのお祝いネイルをしてみてはいかがでしょうか。

お迎えするネイル!

お正月は自分のためだけではなく、新年を迎える全てのものに感謝の気持ちを込めて、ネイルアートしてみてはいかがでしょうか。

着物を着たら、爪先までお正月気分を味わってみてはいかがでしょう、また着物は着ないという人も、爪先だけお正月の特別な気持ちを表してみてはいかがでしょう。

お正月に似合うカラーは

ネイルには季節やイベントを散りばめたいもの。昔女性は帯に式を取り入れ、色や柄の組み合わせを楽しんでいました。私たちは、ネイルにその遊び心をのせて楽しんでいます。

お正月にピッタリのカラーは一体どんな色なんでしょう。ベースカラーにしてもいいし、メインカラーに取り入れてもいいですね。では早速、お正月オススメカラーを見ていきましょう。

王道カラーは赤

お正月の王道は金、赤、白です。金と合わせて銀を入れたり、シックな雰囲気を出すために黒を入れた重箱カラーのデザインも良く見かけます。豪華絢爛に見せたいなら金をメインに、シンプルにしたい場合は白をメインにするなど組み合わせ次第で表現の幅がぐんと広がります。

中でも赤は元気を与えてくれる色です。赤は前向きに生きようとする情熱的なパワーを与えてくれるといわれています。心身が活性化され、やる気を高めてくれる色とも言われています。

そして赤は魔除けとして活用されていた色で、お正月に訪れる神社の鳥居が赤いのはそのためだそうです。赤系のネイルは、新年のパワーもチャージでき、魔除け効果もあるので良いかもしれません。

しかし赤を中心に使用する場合、クリスマスネイルっぽくならないように注意が必要です。

おめでたい金色

王道カラーの金色は高価の象徴、豊かさを表す色です。存在感も強く特別な印象を与え、黄色が光り輝いた色とも捉えられるので、黄色のイメージを強くした効果もあるようです。

金色は特別なものと認識させ、高級感を感じさせます。また豊かな気持ちにさせてくれる効果もあるようです。

金色は光沢を含めた色なので単色で表現するのは難しい色と言われ、グラデーションを用いたりアクセントカラーとして使用するのがいいようです。

スタートの色は白

もう一つの王道カラーは白色ですが、白色のイメージは膨張色、進出色、柔軟色、軽量色のイメージ効果を持っています。

白色無彩の色で、光を反射する最も明るい色と言われています。信頼感や清潔感といったクリーンなイメージを与えるので高い好感度があり、白の真っさらな状態は始まりや出発といったスタートを印象づけるので、新年のスタートにはピッタリのカラーです。

春の訪れをイメージした紅梅色やパステルカラー

そして、オススメしたいのが、紅梅色(こうばいいろ)です。この色は、早春に咲く紅梅の花の色のようなやや紫みのある淡い紅色のことで、色名の由来は文字通り紅梅の花の色からとったものです。

お正月におすすめのデザインは

お正月と言えば、色々なものがイメージされますよね。日本特有の華やかな着物、映える緑の門松、ネイルのイメージもどんどん膨らみ、どんなデザインにするか迷ってしまいます。

そんな数あるお正月のモチーフから、厳選されたネイルデザインを紹介していきます。

上品で誰からも愛されるオフホワイトフレンチ

オフホワイトは日本人のオークル系の肌になじみもよく、使いやすいオフホワイトは、とても上品で華やかな仕上がりになります。フレンチの境に大粒のパールをあしらいお祝いムードをアピールしてもいいかもしれません。

また、ベースカラーに淡いパステルピンクを使用し、いちごミルクカラーを作り出しても春を待つ新年をイメージさせるネイルになります。

ナチュラルだけれど、きちんとお手入れをしている、好感度アップ、定番カラーのパステルピンクは、ほんのり甘さを効かせて上品に仕上がります。

また乳白色のピンクと、オフホワイトを組み合わせれば、肌に馴染む乳白ピンクは場所を問わず大活躍してくれるカラーとなります。

干支をデザインしたキュートなネイル

ネイルで干支を表現するのもいいかもしれません。まるで年賀状のデザインをするようにネイルに干支の絵を描いたり「賀正」「新年」なんてのせてしまっても、面白いオリジナル性あふれるネイルになります。

年ごとにあった、キャラクターをのせたりするネイルも、ひそかな人気を集めているようです。例えばサル年なら、チェブラーシカやおさるのジョージといった大人の遊び心あるデザインが、仕事をオフした大人の女性たちに注目されています。

和花と組み合わせた帯ネイル

少々テクニックがいるアートになりますが、ベースカラーを抑えめの和色カラーにし、細筆でマーブル模様を書き、和風のお花シールと組み紐シールなどを貼って、ゴールドのストーンをランダムに散りばめます。

着物の帯をイメージしたネイルデザインになり、カラーの組み合わせしだいで、色々な顔を持つことが可能です。

モダンセパレートは着物にオススメ

着物を着た時におススメなネイルは、モダンセパレートのネイルです。着物の色や柄を選ばない落ち着いたトーンで、シック&モダンな雰囲気を演出したい時にピッタリです。

ツートーンは華やかさの中にも落ち着きがあり、地味になり過ぎないデザインとなっています。モダンな色には、合理的、理知的、モダンなイメージがあり、硬い寒色のみを使うことにより、セパレートできわだたせたイメージとなります。またグレーが加わるとすこしソフトなイメージとなるようです。

セルフでも簡単に作れるパールフレンチ

セルフでも簡単につくれる簡単お正月ネイルは、パールフレンチネイルです。

ベースにパステルオレンジカラー1色を2度塗りし、フレンチラインに大小のパールストーンを置くだけで、簡単にフレンチネイルデザインが作れます。

フレンチは難しいネイルですが、これなら簡単にフレンチネイルが出来上がります。またパールストーンを置くことでお正月にあった華やかさを演出できます。

また単色ネイルをベースに、ランダムに色を変えたり、どこか1本にポイントを作るだけで、サロン級の仕上がりになりそうです。このときは色の組み合わせが大切になります。

赤、白、金を使った王道カラーネイル

そしてやはり王道カラーを使ったネイルです赤と白と金を生み合わせるだけであっという間にお正月ネイルに仕上がります。
また、上品さをプラスしたい場合は、黒を取りいれて赤、黒、金の組み合わせにすることで、大人っぽさがまし、しっとりとした和風になるので不思議です。日本の伝統的な、めでたい色の組み合わせのネイルです。

自分で描くのは難しい和柄もシールで簡単!

お正月気分を盛り上げたい時は、普段あまり使わない和柄のネイルシールもオススメです。沢山の色が入っていても、和柄は不思議と派手に見えないすぐれものなのです。

フレンチにしてもいいですし、同系色を使ってすべての指が違ったデザインにするのも今風お洒落!着物や洋服と合わせても素敵です。

簡単に使えるネイルシールをいくつか紹介していきます。

倭物屋カヤ、和柄ネイルシール

和柄を多く扱う「カヤ」からついに日本製ネイルシールが登場しました。 ツヤ感も綺麗に出ます。やすり付きで各12枚入り、選べる9柄となっています。

絵柄はさすが「カヤ」ハイセンスな和柄なので、ぱっとつけるだけでワンランク上のネイルが楽しめます。
サクラのほかにもバージョンがあり、全て素敵なデザインになっています

お正月ネイル 和柄 ウォーターネイルシール 写ネイル風

和柄 ウォーターネイルシールは、薄さが特徴の ウォーターネイルシールとなっており、重ねつけもかのうなので、そのデザインのバリエーションが広がります。

とっても薄いのでジェルネイルやスカルプなどにも埋め込みやすく、1枚で上級者の可愛いネイルができあがります。

ウォーターネイルシールの使用方法は、まず使いたい分だけをはさみでカットし、上のセロハンをはがし水につけます。浮く、もしくは剥がれたら爪の乗せたい位置に貼りつけ軽くティッシュなどでおさえます。仕上げにジェルやトップコートをぬり完成です。

和柄 ウォーターネイルシール 成人式ネイル

こちらも和柄のウォーターネイルシールになります。「なかなか和柄が見つからなかったのでよかったです!とても気に入りました!」という口コミがあるように、ありそうでなかった和柄のウォーターネイルシールです。

成人式となっていますが、お正月ネイルとしても人気の高いシールになっているようです。

お正月に合う、和色ネイル

ネイルカラーは今や多種多様で、色々な質感の色々なカラーで出ています。そんな中からありそうでなかなかなかった和色のネイルカラーを紹介します。

お正月につければ、さりげない和の色で注目度UP間違いなしのカラーです。単色でつけてもきっと素敵な発色になるでしょう。もちろんアレンジをくわえてオリジナルお正月ネイルを完成させても素敵です。

ラク カラージェル12-キャンディピンク

ラクカラージェル(12-キャンディピンク)は 今話題のラクジェルです。素早く仕上カラージェルで抜群の発色とツヤが特徴です。

胡粉ネイル 鶯緑(うぐいすみどり)

有機溶剤を使用していないため、従来のマニキュアのような刺激臭がなく、通気性と速乾性に優れ、ベタつかず、サラッとした使い心地です。爪に優しい分、石鹸、洗剤(手洗い用・食器用・洗顔用)や入浴で落ちることがあるようです。

落とす際には、市販の消毒用アルコール(アルコール濃度80%~90%程度)もしくは専用除去液を使用します。

胡粉ネイルからは色々な和色シリーズが出ており、どれもありそうでなかった和の色を出しています。そんな中から今回お正月ネイルにオススメしたいのが、落ち着きのある緑色です。

鶯の羽のような落ち着きのある緑色は、他のブランドはあまり見ることの少ない、深く落ち着いた日本色のマニキュアです。鶯緑という色名は江戸時代から続いているようです。

また有機溶剤を使用していないため、子供と楽しめるマニキュアとしても人気があり、お正月にネイルをしたいというお子様にも安心して使用できるネイルのようです。

楽しみながら、お祝い気分が盛り上がるネイルにしよう

お正月ネイルのキーワードは「お祝い」です。不思議と皆の気持ちが1つになるおめでたい正月は、その気分を目いっぱい楽しんでしまいましょう。

普段つけにい派手なカラーに挑戦してみてもいいですし、日本独特の華やかな和柄を楽しんでみてもいいでしょう。1年のスタートをどんなネイルで飾りますか?