近頃、また、単色ネイルにされている方をよく見かけます。雑誌やテレビでも、女優さんやモデルさんが単色ネイルということもよくあります。ファッションと合わせたネイルカラーにするだけで、単色でもすごくオシャレに感じます。アートやデコレーションにしなくても、色を変えるだけでイメージもガラっと変わります。余分なものをなくして、シンプルなおしゃれを目指して単色ネイルにしてみませんか。

単色ネイルはセルフで簡単にできる!?

きれいに仕上げるには意外に難しい単色ネイル。しかし、単色だからこそサロンに行かなくても、セルフでできるようにがんばって練習してみてはいかがでしょうか。

単色ネイルは飾りっけがないぶん、すべては色の良し悪しで決まってきます。上手に塗れないうちは、マットで濃い色よりもラメやパールの入っている淡い色のネイルを使ってみるとムラがわかりにく、きれいに仕上がります。それと、同じ色でも発色の違いで手先の印象はずいぶん変わってきます。必ず一度テスターで試してから購入したほうが良いかと思います。

単色ネイルにおすすめの色艶がよいマニュキュア3選

CHANEL(シャネル)「ヴェルニネイル」

シャネルのマニュキュアは、発色が良く洗練した大人なカラーバリエーションがたくさんあります。そして、特に発色に左右されやすい赤色は失敗すると安っぽい感じの色味になることがあるので、シャネルの「赤」を使っている女子は多いのではないでしょうか。

毎年のシーズンごとのコレクションも、いつも素敵な色が販売され、どの色も指先が輝いてみえます。限定品の場合、人気色はすぐに完売してしまうので事前チェックが必要です。

DIOR(ディオール)「 ディオール ヴェルニ 」

ディオールのマニュキュアは、とても塗りやすいので不器用な方でもきれいに仕上がるのではないでしょうか。ディオールもシャネルと同じでシーズンごとに販売されるカラーバリエーションが素晴らしいです。

パステル系や鮮やかな色もよく販売されているので、可愛く仕上げたいときはショップに行けば必ずお気に入りの色が見つかると思いますよ。

ANNA SUI (アナスイ)「 ネイルカラー 」

アナスイのマニュキュアは、カラーの種類が豊富です。そして、個性的なものが多く色で悩んだときは、ぜひお店に足を運んでみて下さい。ポップで心ときめく色合いが、指先を楽しませてくれます。ボトルにもアナスイの魅力がたっぷりで可愛らしいですよね。

単色ネイルを塗ってみよう

ここがポイント!単色ネイルの塗り方は?

最初に爪のケアをしていきます。まずは手を洗い、爪を消毒して清潔にします。爪の長さや形を整えて、甘皮の処理、爪の表面を磨きます。甘皮は、お風呂上りだとやわらかくなっているのが処理しやすくなります。これをすることにより、仕上がりがきれいになります。

次にマニュキュアを塗る作業に入っていきますが、まずは爪を守るためにベースコートを薄く塗っていきます。そのあとに、マニュキュアを塗りますがその際には、ビンの口でハケについてるマニュキュアの量を、一筆で塗れる量に調節してください。

マットタイプのマニュキュアは最初に真ん中部分を塗ってから次に両端部分を、最後にムラがあれば真ん中を再度塗ります。パールタイプは端から順に塗っていきましょう。はみ出した部分は後回しにせず、その都度、除光液を付けた綿棒や爪楊枝でふき取るようにして下さい。乾いてからだと落としにくくなります。

色合いを見て、マニュキュアを2度塗りし、最後に長持ちさせるためにトップコートでカバーしていきます。最後に、完全に乾燥するまで爪に物が当たらないよう気を付けて下さいね。表面が乾いてたとしても、中がまだ乾いてないことがあるので十分に注意が必要です。

そして、マニュキュアをした爪は乾燥しやすいのでオイルやハンドクリームを塗って手のケアをして終了です。ペディキュアの場合は、足指パットを利用して同じように塗っていきましょう。

人気色はこの色!おすすめのカラーバリエーション

一番人気はやっぱりピンク

女の子だものやっぱりピンクは一番人気のカラーです。ただ、ピンクは可愛くみせてくれるのですが色によってかなりイメージも異なります。オーロラピンクのような淡いピンクの色だと、さりげないおしゃれ感が上品に見えてお嬢様のようにみせてくれます。

反対に、チェリーピンクのような濃い色だと、夏の日差しにも負けない元気な女の子のイメージになります。ビーチリゾートにはぴったりですが、日常には使いにくいですよね。可愛らしいことには変わりはないですが同じピンクでも印象はかなり違ってくるので、TPOにあわせて使い分けましょう。

TPOを選ばない!日々のネイルはベージュ

仕事をしていると派手はネイルはできないですよね。だからと言って、諦めてはいけません。そんな時は、ナチュラル感のあるベージュ色を選んでみて下さい。自然な爪の色に近いので目立ちはしないけどお手入れは欠かしていないという、きちんと感が女子力を高めてくれます。
また、日常使いのしやすいベージュにクールなグレーを混ぜ合わせたベージュより少し落ち着きのある、グレージュという色もオトナ女子には人気のカラーとなっています。

赤は女性の永遠の憧れの色

赤には、パワフルに活動するためのエネルギーを与えてくれる力が備わっています。そのため、赤が似合う女性はカッコよく見え、憧れの色となるのではないでしょうか。ぜひ、ここぞ!っという勝負の時に赤色を選ぶといいかもしれませんね。

落ち着いた印象のボルドー

真っ赤が派手で苦手であれば、朱色のような可愛い赤からチャレンジしてみたり、ボルドーのような赤色にしてみると落ち着いた雰囲気で大人度が上がるのではないでしょうか。

2017年 春夏コレクションカラー

ファッション業界では、毎年のシーズンごとにトレンドカラーがあります。何色をにしようか迷ったときは、流行に乗ってその年のカラーにしてみてはいかがでしょうか。2016年の春夏はペールピンクの「ローズクオーツ」とベビーブルーの「セレニティ」のパステルカラーが流行として話題に上がっているようです。秋冬もパステルカラーの淡い色は継続するようなので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか。

寒い冬にはホワイトネイル

真っ白な世界になる冬だからこそ、その季節感にあわせてホワイトネイルはいかがでしょうか。ただ、真っ白よりもパールのはいった華やかな白を選んでみて下さい。そのほうが手がきれいに見えます。

また、長持ちするジェルだと夏に白を選ぶと紫外線の影響で黄色く変色してくることがあります。そういった意味でも、白は冬にするほうがよさそうですね。

銀世界のようなシルバー

ホワイトじゃちょっと可愛すぎてと思う方は、雪国のことを銀色の世界と表現することもありますので、シルバーをチョイスしてみてはどうでしょうか。それに、メタリックカラーは2016年秋冬のトレンドカラーにも取り入れられているみたいです。

夏の癒しカラーのブルー

爽やかなでイメージのブルー、シンプルにワンカラーで塗るだけだからこそ、指先を軽やかに涼しく演出してくれるのです。水着や浴衣にも映えて、暑い夏にはぴったりの色ですよね。

知的なイメージの濃いブルー

そして、紺色のような濃いブルーは女性的な魅力をさらに引き出してくれます。ペディキュアに使ってもいいですよね。

ダークカラーはマットでクールに

落ち着きのある大人っぽい女性を演出してくれるダークカラーは、クールに見えると人気のあるカラーです。色が濃いため手の印象もはっきりし、指が細く長くなったような気にさせてくれる効果もあります。さらに魅力的な指先にするのに、ツヤ感を消してマットな質感にするとカッコよさがグッと上がります。

トップコートでガラリと変身?

マットネイルを買わなくても最後の仕上げのトップコートを、マット用のトップコートにすれば手持ちのネイルがマットネイルに変身します。

華やかさアップ!好感度のある単色ネイルのアレンジ

ワンカラーのシンプルなネイルは、爪がきれいに見え清潔感があり男性からの支持も高いのですが、やっぱり何か物足りないという方には、好感度を残したまま少しアレンジを加えてみてはいかがでしょうか。

色を掛け合わせしてみよう

ひとつの指だけ違う色にしたり、交互に色を変えてみたり、全ての指でグラデーションを作ってみたりとワンカラーだけでなく他の色を掛け合わせていくと、オシャレ度がアップし華やかになっていきます。

また、掛け合わせる色でずいぶんと印象は変わってくると思います。同系色まとめると目立たずさりげないおしゃれになりますし、まったく違う反対色にするとインパクトのある派手やかな雰囲気になります。ワンカラーに少し飽きたときには、色をミックスさせて遊んでみるのも楽しいのではないでしょうか。

短い爪でもすらっと見えるフレンチネイル

大人かわいいフレンチネイルは、主婦や仕事の関係で爪を長く伸ばせない場合でも、爪の先端の色を変えることにより指全体がすらっと長く見えるようになり上品さを感じさせてくれる。

フレンチネイルは、爪先だけフリーハンドで塗っても簡単にフレンチになるのですが、どうも上手にできないという場合は、ベースとなるカラーネイルを塗ったあとしっかりと乾かした後に、フレンチにしたい部分を残して爪にマスキングテープを貼りあとはフレンチのところに色を塗りましょう。乾いた後にテープを剥がせば、きれいにフレンチになっているはずです。

簡単できれいに仕上がるグラデーションネイル

グラデーションは人気のデザインで、パターンがいくつかあります。同じ色を重ねていく、同系色の薄い色から濃い色を重ねていく、違う色を使って変化させていくやり方です。違う色の場合は、スポンジでトントンと色を重ねていくがよいかと思います。

同じ色や同系色の場合は爪を4等分ぐらいにし4分の1を塗り乾かし、4分の2を塗り乾かし、4分の3を塗ります。少しずつ重ねながら塗っていくとグラデーションの出来上がりです。

グラデーションはマットなものよりかは、ラメやパールが入っていたり透明色のものを選ぶときれいに仕上がります。グラデーションはフレンチと違い、境目がないほうがきれいなので、簡単にできるかと思います。

何色を選びますか?シンプルな魅力の単色ネイル

単色ネイル、いかがでしたか。他のデザインを考えなくていいので、何色にするか、どんな風にするかなど悩んでしまいますよね。色には心理的な要素もあるので、選んだカラーがその時の自分の状況を反映しているなんてこともあるかもしれませんね。

カラーを変えるだけで、ガラっと雰囲気も変わります。地味なんかじゃない!すっきりとしていてシンプルな良さがある単色ネイル、ぜひ楽しんでしてみて下さい。